年末年始にカニを食べたいならカニ通販!通販サイトのランキングや年内発送についての注意点なども掲載中。

TOP > カニの種類

カニの種類

カニと言えば、高級食材のひとつとして、多くの方に人気のあるものです。日本国内には、カニ専門店も数多くあることから、特別な日に食べるもの、または、年末年始などに家族で楽しむものとして、使用されています。

専門的などに行けば、品質の高いものを食べることが出来ますが、食材としてカニを選ぶ時、一体、何を選んで良いのか分からない場合もあります。同じカニでも、種類によって味や調理方法も違います。

ここでは、カニの種類の中でも、ズワイガニとタラバガニについて見ていきたいと思います。

・ズワイガニ

ズワイガニ

ズワイガニは、体が小さく、つるつるとした甲羅を持っています。その小さな体から細くて長い足が伸びているのが、見た目の特徴です。エビ目・カニ下目・クモガニ科に分類されています。

ズワイガニは、本ズワイガニ・大ズワイガニ・紅ズワイガニと3つに分類されており、品質に違いがあります。

味は、カニ本来の甘みの強さを持っており、料理の種類は、刺身・茹でガニ・蒸しガニ・焼きガニ・カニすき・カニ鍋・カニ味噌などがあります。カニ味噌は、濃厚で美味しく、また、身の量は少なくても、うまみのある人気の高いカニとして知られています。

・タラバガニ

タラバガニ

タラバガニは、体が大きくとげがたくさんある大きな甲羅を持っています。その大きな体に太い足がついており、足にもたくさんとげがあるというのが見た目の特徴です。エビ目・ヤドカリ下目・タラバガニ科に分類されています。

タラバガニは、その体の大きさから身がたくさん詰まっていますが、味はたんぱくです。その味のたんぱくさから、カニ鍋に適しています。タラバガニのカニ味噌は、ほとんど食べられることはありません。しかし、身が太くしっかり詰まっている上に、食感も良く食べごたえのあることから、人気の高いカニとして知られています。

どちらも、最高級のものは、同じ価格で売られていますが。その特徴の違いによってカニ料理に使用されています。カニのうまみを存分に味わいたい場合には、ズワイガニがおすすめですが。カニをたっぷり食べる満足感が欲しい場合には、タラバガニがおすすめです。

 

↑TOP